月別: 2017年11月

ムダ毛で別れたくはない

ムダ毛処理をする女性

私は愛していた彼氏と倦怠期に入りました。

この倦怠期のせいで重大なミスをしてしまいました。

それというのが「必要ない毛の処理不足」です。

それまでは彼のために一生懸命必要ない毛を処理していたけど、この二人の結びつきに慣れてきて、徐々にと処理が億劫になっていました。

自身の女としての引き寄せられるを削ぐ行為をしてしまいました。

彼と遊ぶケースに必要ない毛を処理しないで遊んでしまったのです。

遊んでいるケースに彼はチラッと見える私のワキを見てしまったらしくて、ショックだったそうです。

完璧に生えているわけではないけど、少しばかりずつ生えてきてブツブツしている私のワキを見てしまってげっそりとして私からなお距離を取ってしまったのです。

倦怠期に入ってから実際に駄目です。

私はすごく気が緩んでしまっているし、彼は私の悪いとことろばかり目に入っている気がします。

私の彼氏はすごくマメで、性格がキッチリとしている人なのです。

だから私のぐうたらな感じは嫌がりますし、必要ない毛なんてもっての他なのです。

この性格の事を一考すると別れられるのも時の問題かもしれないです。

そう思うので私は実際脱毛に通っています。

必要ない毛の処理は厄介でしたくないけど、彼にこれ以上の失態を見せられないのです。

この問題を決着するには「脱毛」がトップだと考えます。

脱毛をすればマメな彼が怒るような事はないでしょう。

必要ない毛を早く脱毛処理して倦怠期をなんとか乗り切りたいと思っています。

アルガンオイルについて

美しい女性
私が今の時代気になっているスキンケアコスメは、「アルガンオイル」です。

たくさんなメーカーから提供されているのですが、私がナンバーワン気になっているのは「ジョンマスターオーガニック」のアルガンオイル。

オンラインでたくさんと見る限り、とにもかくにも評判が非常に良いのです。

そもそもはヘアケア用品なのですが、お肌にも有用というのが良さそうだなぁーと考えます。

その上、オーガニックというのも良いですね。

天然の成分で作られたコスメだから環境には無論、髪やお肌にも優しそうです。

その実私が現時点で使っているのもオーガニックのシャンプーなのですが、けっこう使用感が良いんです。

ハーブの香りがして、かつ刺激がないので敏感肌の私にも心配無用して使えます。

そして、洗い上がりはしっとりと調和が取れます。

なのでこのところは「スキンケアコスメもどんどんオーガニックのものに挑戦してみたいなぁ」と思っているところなのです。

ジョンマスターオーガニックのコスメは意匠も小粋なのも相当引っかかる要点ですね。

コスメは当然性能(利用し心地)が最高大事ですが、その第二に大事なのはパッケージ!だと思っている私。

結局小粋な器のコスメがドレッサーに並んでいると、それだけでも麗しいになれる感じがしてウキウキしてしまうんです。

このウキウキも艶やかの源じゃないかな…なんて思っています。

ストレスが溜まるとお肌が荒れてしまうように、ウキウキすればきっとお肌のステータスも良くなってくれるはず、と信じています。

デリケートな箇所の脱毛について

自らでむだ毛についての処理をしていると、たまにデリケートさに関連する要素が引っかかる事があります。

あまりデリケートな箇所にそれに対しは、少しだけ処理しない方が良いと思う事もあるのです。

というのも人間の数あるパーツの中には、若干傷が付きやすい所もあります。

剃刀などで処理を行っていたら、うっかり傷が付いたという話もよく聞くでしょう。

一例を挙げれば、VIOなどのパーツです。

色々な箇所の中でもかなりデリケートな方ですが、もちろんそこはキズが付く確率も高めな性質があります。

まして剃刀との親和性などは、あまり良くないと言えるでしょう。

うっかり剃刀でその箇所に傷が付いてしまっては、それこそ大変な事になります。

脱毛サロンに通う女性

それで脱毛サロンには、その傷についての良いところがあるのです。

そのようなパーツに反対に、できるだけ無難に処理をやりたいと思うなら、帰するところサロンで施術を受ける方が良いでしょう。

そもそもサロンでは、確か面に関して最大限の配慮は行っているのです。

とどのつまりショップの責務問題などがありますから、注意深いに施術を行ってくれる性質があります。

まして上述でも触れたデリケートな箇所は、かなり注意深いに扱ってしてくれると腹積もりて良いでしょう。

更にサロンで施術を受ければ、帰するところ自己処理の手間などは大きく省く事ができます。

デリケートな箇所にそれに対し自らで処理をするのはとても大変ですが、サロンで施術を受けておけば、それも要らないになるでしょう。

ですからデリケートな箇所は、帰するところサロンによる施術がイチ押しです。

脱毛サロンを藤沢でお探しなら

ムダ毛を触って来る友人がうざい!

ムダ毛について考える女性
私の友人の行動はいつも私を不快にさせます。

仲間は面白い子だし、普通なら一緒にいて楽で好きなのですが、彼女は変な癖があって、人の毛をいちいち触って来るんですよね。

私はその度に「やめて」と軽くイライラしなが注意するのですが、全然やめないのです。

おっしゃる通り私の必要ない毛は他の女性より、毛深いし堅いので、触りたくなるのはわかるのですが。

けれども私は自分が毛深いのを気にしているので、この毛をいちいち触られるのが本当に不快です。

触られる度に「やめて」と言って手を払うのですが、友人はそれを分かってくれず、どんどんいじってくるのです。

本当にストレスが溜まります。

友人のこの人の必要ない毛を触る癖をどうにかしてくれと思っています。

変な癖だなと前から思っているのですが、彼女はもしかして毛フェチかなのでしょうか。

憎らしい事に仲間は私とは違って必要ない毛がほぼないので、もしかして私の必要ない毛が物珍しいのかもしれません。

とにもかくにも如何にやってこの癖を辞めさせようかで悩んでいますね。

実を言えば必要ない毛を触られるのがストレスになっている私の心境を分かってくれです。

それから触るのを100歩譲って許したとしても、撫でるように触るのはやめてくれです。

長時間触ってくるのも現実にストレスになっているので、勘弁してくれなと考えます。